「株式投資」の検索結果 98件

1/10ページ

【株式投資で暴騰を掴む】空売り比率とは?

空売り比率とは、ある銘柄の空売り株式数をその銘柄の一日平均売買高で割ったものです。簡単に言うと、この比率は、投資家が、ある銘柄が一日の平均取引量に対して大きく空売りされているか、空売りされていないかを非常に迅速に知るのに役立ちます。

【ETF投資とは 知らないとヤバい株式投資必須知識】

皆さんはETFについてご存知でしょうか。ETFへの投資は個別株を買うよりリスクが低く、機関投資家やヘッジファンドなどプロ中のプロが行なっています。  このETFをしっかり理解し投資先のポートフォリオに […]

【FX株式投資で暴騰を掴む方法】ショートスクイーズの本質

トレードで莫大な金額を稼ぐ為の、最高の機会である、『ショートスクイーズ』をご存じでしょうか。この動画を見ることで、プライスアクションの本質を理解し、最高の『収益機会』を認識する事が可能になります。

【機関投資家の動きを逆手に取る】VWAP平均足戦略

なぜ、株式投資のデイトレードやスキャルピングで、安定して稼ぐ事は難しいのでしょうか? それは、おそらく間違ったインジケータを使い、間違った方法でトレードをしてしまっているからです。 今回、私があなたの、この問題を解決します。 結論からお伝えすると、VWAPと平均足ローソクを使うだけで、誰もが抱えるこの問題は解決します。

【ファンダメンタルズ分析】原理と種類、使い方の本質

ファンダメンタルズ分析とは? ファンダメンタルズ分析(FA)とは、関連する経済・金融要因を調べることで、証券の本質的な価値を測定するものです。本源的価値とは、発行企業の財務状況や現在の市場・経済情勢に基づく投資価値のことです。 ファンダメンタル・アナリストは、経済状況や業界の状況などのマクロ経済的要因から、企業の経営の有効性などのミクロ経済的要因まで、証券の価値に影響を与える可能性のあるあらゆるものを研究します。 最終的な目標は、投資家が証券の現在の価格と比較して、その証券が他の投資家から見て割安か割高かを判断できるような数値を決定することです。

【期間限定公開】『だまし』を逆手に取る具体的エントリー方法

もしあなたが『だまし』を逆手に取ることができればあなたのトレードの勝率や勝つ期待値を上げることができます。誰もがハマる『だまし』を理解すれば相場の退治の仕方が変わってきます。 ブレイクアウトの『だまし』を逆手に取ったトレードを行う為には、『だまし』が発生する可能性のある場所を予測する必要があります。 『だまし』の可能性があるのは、通常、トレンドライン、チャートパターン、または過去の高値や安値によって作られたサポートとレジスタンスレベルです。 私は大衆を作るもの、それこそがテクニカル分析であると確信しています。これこそがテクニカル分析のみではトレードが勝てない理由に繋がるのです。

【だまし】FXトレードで勝てない最大の理由とその利用法

 “だまし”に関して大切なことは、 (1)“だまし”の動きになったことを認識すること (2)認識した後にきちんとそれに即した売買をすること (3)そもそも“だまし”にひっかからないように注意すること の3点です。そしてそれを味方につける事ができれば。。。

【前編】日本人が知らない2022年に買うべき10の最高の米国割安株

2022年の株式市場は米国の金利上昇と、QTが市場が低迷しています。米国ハイテク株の高値掴みを行ってしまい、株価が回復せずに悩まれている方も多いのでは無いでしょうか。一方で、近年のバリュー株はリスクの高いグロース株に代わる安全な選択肢として際立っています。

【ダウ理論をデイトレードで生かす為の6つの原則】

トレーダーの中で少なからずテクニカル分析を使う人は9割以上います。トレーダーの大半が基軸としている根幹となる理論がこのダウ理論です。 例えば、上昇トレンド、下降トレンド、サポートとレジスタンスなどの考え方も、ダウ理論から始まりました。テクニカル分析の根幹となるのが今回の『ダウ理論』です。ダウ理論は長期投資だけでなく、短期売買にも活用できるものがあります。

1 10