「株式投資」の検索結果 70件

1/7ページ

【ETF投資とは 知らないとヤバい株式投資必須知識】

皆さんはETFについてご存知でしょうか。ETFへの投資は個別株を買うよりリスクが低く、機関投資家やヘッジファンドなどプロ中のプロが行なっています。  このETFをしっかり理解し投資先のポートフォリオに […]

【日本人は知らない】2022年の8つの最高の米国ETF

分散ポートフォリオの構築に役立つ最高のETFを公開!上場投資信託(ETF)は、投資家が分散ポートフォリオを構築するための最も一般的な方法の1つです。投資信託と同様に、ETFは数十または数百の証券を保有しており、投資家は1つのもので株式を購入して、さまざまな投資に分散することができます。

【あなたの家計の状態が分かる財務諸表PLとBS】株式投資で割安企業を見つける為の基礎知識

 企業の財務指標をみる事ができますか?私は株式投資をしないから別に知る必要が無いと思う方もいらっしゃると思います。しかしながら、この財務諸表の考え方は投資をする時だけでなく、生活・政治・経済・ビジネス […]

【第8章】積立投資に最適な銘柄選定の具体的な方法

近年、個人投資家の投資ブームが起こっており、株式投資は高配当株式を保有して寝かしておくべきという考え方を発信している人が多いです。確かに高配当ETFへの積立投資はお勧めですし、投資素人が短期投資で個別銘柄を選んで安定したリターンを狙おうとするよりも難易度はとても低い投資法です。  しかし、この世の中のETFや投資信託の数は腐る程あります。腐るほどある金融商品の中には、腐ったゴミみたいな商品も多数存在します。 この章ではそのゴミ銘柄を選ばない為の方法について、どの様な基準でこの金融商品を選んでいけば良いかが分かるようになります。

【本質的な最強の分析】出来高分析〜Volume Price Analytics 〜

出来高分析を一言で言えば、市場構造を深く調べ、価格を動かしたプロセスを把握することを可能にする強力な取引手法です。 現代の株式市場と先物市場は非常に効率的な市場です。 効率的な市場とは、価格は常に公正であり、現時点で発生した全ての出来事やニュースなどを織り込んでいるという事です。この様に、現時点での株や為替などの価格は、現時点で起こった事と予測できる事の全て考慮された価格であるという事です。 暗号資産のような、未だ未成熟で非効率的または低効率の市場では、テクニカル分析または価格アクションに基づく、単純な手法を使用ができやすい傾向にあります。 しかし、市場によって強弱や濃淡があるものの、それらのすべてが効率的になる傾向があります。 したがって、出来高を理解し、需要と供給の不均衡を理解することは、より良い取引決定を行うための基本的な要因として大きく役立ちます。

【既得権益】知らないと損をするFXのメリット

FXと聞いて皆さんがどの様なイメージをするでしょうか?『危険』?『借金をする』?『破産する』?この様なイメージを持つが為にFXを敬遠している人も多いでしょう。 ではなぜこの様なイメージを持つ人が多いの […]

【オプション取引とは?〜オプション取引のメリット・デメリット〜】

 本日は投資中級者から投資上級者やプロトレーダーがよくヘッジ(リスク分散)として使用するオプション取引について記事を書いて行きます。オプション取引について理解できれば、投資に必ずついて回るリスクを減少 […]

大不況で儲ける空売りとは?〜超手堅い実手法公開〜

 今回の新型コロナウイルスが世界に蔓延した当初、世界的に株式市場は大暴落が起こりました。また世界的なロックダウンや緊急事態宣言などにより経済がストップし企業の業績が悪化し、実際の所得が減ってしまった方 […]

【テクニカル分析は無意味?】ランダムウォーク理論

トレーダーや投資家が保有すべき最も重要な考え方が『ランダムウォーク理論』です。この理論を知らないトレーダー投資家は偽物と言っても良いでしょう。ランダム・ウォーク理論 (英: Random Walk Theory) とは、株価や為替の値動きを予測する事は不可能であるとする理論です。相場の値動きを論じた多くの理論のうちの最も本質的な考え方の一つです。 本日はトレーダー・投資家が知っておかなければならないこの理論についてお伝えします。 【ランダムウォーク理論とは?】 ランダムウォーク理論とは、株価の変動は同じ分布を持ち、互いに独立しているとする理論です。したがって、株価や市場の過去の動きや傾向は、将来の動きを予測するために使用することはできないと仮定しています。

1 7