デイトレード

1/4ページ

【ファンダメンタル分析の本質】定量的と定性的な判断方法

様々なファンダメンタルズには、定量的なものと定性的なものの2つに分類されます。 簡単にまとめると、2つの違いは次のようになります。 ・定量的:数値、数字、比率、計算式などで示すことができる情報の事 ・質的:何かの量というよりも、その質、基準、性質の事

【Trading View】VWAPとAnchored VWAPとは?

VWAPとは何か VWAP(Volume Weighted Average Price : 出来高加重平均価格)は当日の取引所で成立した価格を価格ごとの出来高で加重平均した価格で、その日の取引実態に近い平均的な約定価格です。VWAPを用いることで、投資家は一定期間に取引された資産の平均価格を測定することができます。 多くの投資家は1分足や5分足でVWAPを使用することが多いとされます。通常、VWAPは相場のトレンドを把握したい投資家や、パッシブ運用を目的とする投資家が好んで使用するとされます。

【出来高】取引量から投資行動を把握する一般概念

出来高とは、ある一定期間に取引された証券の総株式数のことです。取引高は、証券や市場の全体的な動きを表すため、テクニカル指標として用いられます。 一部の投資家はしばしば、トレンドの存在や継続、またはトレンドの反転を確認するために出来高を使用します。基本的に、取引高は証券の値動きを正当化し、投資家がその証券を購入または売却する際の判断材料となる場合があります。

【株式投資で暴騰を掴む】空売り比率とは?

空売り比率とは、ある銘柄の空売り株式数をその銘柄の一日平均売買高で割ったものです。簡単に言うと、この比率は、投資家が、ある銘柄が一日の平均取引量に対して大きく空売りされているか、空売りされていないかを非常に迅速に知るのに役立ちます。

【株の暴騰を掴む】ショートカバー日数と計算方法

「ショートカバー日数」とは、企業の発行済み株式が空売りされた後、決済されるまでの予想日数を表します。これは、現在空売りされている会社の株式を1日の平均取引量で割ったもので、空売りポジションを解消するのに必要な時間の概算を日数で表したものです。 カバー日数は、株式の空売り比率の指標として関連します。

【FX株式投資で暴騰を掴む方法】ショートスクイーズの本質

トレードで莫大な金額を稼ぐ為の、最高の機会である、『ショートスクイーズ』をご存じでしょうか。この動画を見ることで、プライスアクションの本質を理解し、最高の『収益機会』を認識する事が可能になります。

【株・FX・仮想通貨トレード秘密の戦略】リスクをゼロにする資金管理術〜上級編〜

あなたがトレードを行っている際に、リスクを最小限に抑えながら、最大限の収益を上げる事ができれば、市場にストレスなく対峙できると思いませんか?

【株FX投資】資金管理を知らないあなたは必ず口座の資金を溶かす

資金管理、リスク管理とは何か、そして、なぜ重要なのか、 そして二つ目に、リスク管理において最も重要になる、ポジションサイジングとは何かについてを、 そして最後の三つ目に、ポジションサイズを計算する方法について分かりやすく、お話ししていきます。 この内容を完璧に押さえれば、トレードや投資において、決してあなたの取引口座を、破産させないようにすることが可能です。

【TradingView】株・指数・先物のチャートをリアルタイムで表示する方法!

あなたは先物や株をリアルタイムで、高機能なチャートツールに反映させたいと思った事はありませんか? 日本の口座を使用していれば、ショボいチャートツールしか使えません。インジケーターも素人に毛が生えたレベルのインジケーターしか使えないことが大半です。 もしあなたが、トレードスキルを次のレベルに進めたいのであれば、『Trading View』のチャートツールをお勧めします。 このツールは、今、世界中で最も注目されているチャートツールです。

1 4