FX

2/3ページ

【期間限定公開】『だまし』を逆手に取る具体的エントリー方法

もしあなたが『だまし』を逆手に取ることができればあなたのトレードの勝率や勝つ期待値を上げることができます。誰もがハマる『だまし』を理解すれば相場の退治の仕方が変わってきます。 ブレイクアウトの『だまし』を逆手に取ったトレードを行う為には、『だまし』が発生する可能性のある場所を予測する必要があります。 『だまし』の可能性があるのは、通常、トレンドライン、チャートパターン、または過去の高値や安値によって作られたサポートとレジスタンスレベルです。 私は大衆を作るもの、それこそがテクニカル分析であると確信しています。これこそがテクニカル分析のみではトレードが勝てない理由に繋がるのです。

【だまし】FXトレードで勝てない最大の理由とその利用法

 “だまし”に関して大切なことは、 (1)“だまし”の動きになったことを認識すること (2)認識した後にきちんとそれに即した売買をすること (3)そもそも“だまし”にひっかからないように注意すること の3点です。そしてそれを味方につける事ができれば。。。

【ブルトラップ】テクニカル分析の罠

【ブル・トラップとは何か?】ブル・トラップとは、株価や指数などの下落トレンドが上昇トレンドへ変わったと思わせて急反転し、それまでの上昇の支持線が破られ、買いで入ったトレーダーの損切りを呼び込み大きく下落をさせるトラップの事です。 この『ブル・トラップ』の動きは、テクニカル分析などで買いシグナルが出現したタイミングに基づいて行動した安易なトレーダーや投資家を「罠にはめ」、結果としてロングポジションに損失を発生させ損切りを誘い出します。

【テクニカル分析は無意味?】ランダムウォーク理論

トレーダーや投資家が保有すべき最も重要な考え方が『ランダムウォーク理論』です。この理論を知らないトレーダー投資家は偽物と言っても良いでしょう。ランダム・ウォーク理論 (英: Random Walk Theory) とは、株価や為替の値動きを予測する事は不可能であるとする理論です。相場の値動きを論じた多くの理論のうちの最も本質的な考え方の一つです。 本日はトレーダー・投資家が知っておかなければならないこの理論についてお伝えします。 【ランダムウォーク理論とは?】 ランダムウォーク理論とは、株価の変動は同じ分布を持ち、互いに独立しているとする理論です。したがって、株価や市場の過去の動きや傾向は、将来の動きを予測するために使用することはできないと仮定しています。

【初心者必見】デイトレードで勝つ為の基礎的戦略と方法

デイトレーダーに最も重要なことはいつ買うかということです。買い場を決定するために使用する一般的なツールは3つあります。 ・ローソク足やドージなど、ローソク足のチャートパターン ・トレンドラインやトライアングルを含むその他のテクニカル分析 ・出来高

出来高分析の基本と3つのルール

トレーディングにおける出来高分析の3つのルールについて説明します。 オープニングレンジブレイクアウトトレーディング戦略について詳しく説明した前回の記事をお読みください。 この記事の終わりに、トレーディングのボリューム分析に関連する以下の指針を理解する事ができます。 取引量とは何か?トレーディングにおける出来高分析とは何か?トレーディングにおける出来高分析を理解する出来高分析の3つの基本的なルール 【取引における出来高とは何か?】 出来高(ボリューム)、または 取引量は、特定の期間中に取引された株式または契約の量(総数)です。一般的に、出来高(ボリューム)は買い手と売り手の関心を示しています。上記の例では、ボリュームは売り手よりも買い手が興味を持っていることを明確に示しています。

【第四章】:バカでも必ず分かる〜インフレ・デフレ円安・円高〜

現代社会は『変動相場制』という制度を取るようになり、各国の為替相場のレートが日々変動するようになった事を理解できたかと思います。 光熱費や食費、衣料品など日々の暮らしのさまざまな分野に大きな影響を与えているのが為替相場です。日本円で考えれば、日本円が相対する通貨に対し安くなれば円安、高くなれば円高になります。 この様に為替のレートが動く『変動相場制』であるが故に、この変動する為替の差益を得る事で利益を出す事もできるようになりました。 これが『外国為替証拠金取引』通称FXです。証拠金(保証金)を業者に預託する事で、主に差金決済による通貨の売買を行なう取引を言います。

【2022年はFX爆益の年】世界各国の中央銀行政策金利予測まとめ

2021年は新型コロナウイルスによる世界経済の打撃から立ち直るため、世界的な金融緩和が進み、その結果としてほとんどの国の主要株価指数は上昇しました。 投資家からしてみればボーナスゲームの一年です。資産を大幅に増加させた人がほとんどではないでしょうか。 私もその一人です。 しかしこの世界的な金融緩和はいつか終わりが必ずきます。世界各国は徐々にその終わりを示唆し始めているのです。