おすすめ

【第6章】積立NISAでドルコスト平均法を実践

『投資』を行う事は資産をリスクに晒しそれに対しリターンを得るという事です。即ちもちろん資産が目減りする可能性がある行為です。  投資を始めてみたいけれども、資産が減るリスクは極限まで減らしつつ、利益をしっかり出したいと考えている方は少なくないのではないでしょうか。  実際のところそんな夢の様な投資先は基本的にはありませんし、投資とは資産をリスクに晒した分だけリターンが増えるものです。  その中でも、唯一と言っていいほどリスクに対してリターンを得られる期待値が高い方法がこの『積立NISA』であると私は考えております。  本日は投資の中でも一番簡単で、手っ取り早く始める事ができ、損をする可能性が他の投資に比べて極めて低い方法である『積立NISA』について記事を書いていきます。  今回の記事を見て積立NISAとは何か、メリットデメリット、たくさんある商品の中から勝てる商品の選び方を全て公開します。

【第五章】損をしたくない人の為の安定投資手法

投資をしたいけどあまりリスクは取りたくない、負けたくない、損をしたくないと皆さん感じている事だと思います。その悩みを全て解決できる投資初心者にピッタリな最強手法を今回ご紹介いたします。 それは『ドル・コスト平均法』という手法です。とは、投資信託やETF購入などを積み立てて、長期運用を行う際によく用いられる手法です。  ドル・コスト平均法を簡単に説明すれば、「決まったスパン(期間)」において「定額」で投資対象を購入し続ける方法の事を言います。 例えば、【『毎月』、『3万円』を20年間国内ETFを買う】事がこのドルコスト平均法で投資を行うということになります。 これを機械的に自動的に行なっていく事で、一時的に起こる急落相場でも損をする事なく、むしろ買い付ける事で、投資で高確率で利益を出す事ができる手法なのです。