出来高

【Trading View】VWAPとAnchored VWAPとは?

VWAPとは何か VWAP(Volume Weighted Average Price : 出来高加重平均価格)は当日の取引所で成立した価格を価格ごとの出来高で加重平均した価格で、その日の取引実態に近い平均的な約定価格です。VWAPを用いることで、投資家は一定期間に取引された資産の平均価格を測定することができます。 多くの投資家は1分足や5分足でVWAPを使用することが多いとされます。通常、VWAPは相場のトレンドを把握したい投資家や、パッシブ運用を目的とする投資家が好んで使用するとされます。

【出来高】取引量から投資行動を把握する一般概念

出来高とは、ある一定期間に取引された証券の総株式数のことです。取引高は、証券や市場の全体的な動きを表すため、テクニカル指標として用いられます。 一部の投資家はしばしば、トレンドの存在や継続、またはトレンドの反転を確認するために出来高を使用します。基本的に、取引高は証券の値動きを正当化し、投資家がその証券を購入または売却する際の判断材料となる場合があります。

相場心理を読み解く出来高分析入門 アームズ・インデックスによる勝利の方程式

「投資で成功するカギ(もしあればの話だが)とは、感情的にならずにいられる能力だ。そのような態度は、自信を通じてのみ達成される。自信は知識によってのみ得られる。知識は研究やたゆまぬ努力、経験で手に入れることができる。本書は、私が30年間に培った知識と経験を伝授しようとするものだ」

【本質的な最強の分析】出来高分析〜Volume Price Analytics 〜

出来高分析を一言で言えば、市場構造を深く調べ、価格を動かしたプロセスを把握することを可能にする強力な取引手法です。 現代の株式市場と先物市場は非常に効率的な市場です。 効率的な市場とは、価格は常に公正であり、現時点で発生した全ての出来事やニュースなどを織り込んでいるという事です。この様に、現時点での株や為替などの価格は、現時点で起こった事と予測できる事の全て考慮された価格であるという事です。 暗号資産のような、未だ未成熟で非効率的または低効率の市場では、テクニカル分析または価格アクションに基づく、単純な手法を使用ができやすい傾向にあります。 しかし、市場によって強弱や濃淡があるものの、それらのすべてが効率的になる傾向があります。 したがって、出来高を理解し、需要と供給の不均衡を理解することは、より良い取引決定を行うための基本的な要因として大きく役立ちます。